IMG_1204


どうもじゃぬです(   ^ω^   )ぽこっ 

おひさしぶりです、クラフトのコーナー

今回はコトブキヤから出ております、朱鬼姫シキのキットの製作。

模型の基本的なもの改修+塗装です。

クオリティのコトブキヤキットなだけあって

素組+シールで良い物が出来上がります。




というわけで今回は普通に作ることと

塗装での特殊表現

鋳造表現と漆塗り表現をやってみました。

素体(本体)があって、そこへ甲冑を装備しているそんなイメージです。

鎧の部分を鋳造表現、素体をツヤ消しを吹くだけにして違いを出してみます。

セイタカリンネはゲーム内でも別アクセサリー枠ということから

他とは違う特殊なもの、ということで漆塗りの深いツヤを与えてみました。





まずはキットの肉抜き部分をパテ埋め
そして足先パーツの可動軸が丸見えだったのでこちらもパテ埋め。



鋳造表現の下地つくり。
これはラッパーパテをシンナーで薄めて、
筆でポンポンとなすりつけていきます。
そうすると表面がザラつき、鋳造による表面を表現することが出来ます。
戦車模型等でよく使われるテクニックのひとつですね。



塗装をするとこのようになります。
額の第二の目のようなものはシールで補うのですが、
今回はプラパーツにて表現しました。
瞳はクリアー厚吹き、顔はつや消しにて。







という工程を終えて完成しました。


IMG_1200


IMG_1229


基本的には想定より明度を落として重量感を。

そこに金色のアクセントと、鋳造表現による情報量を加えた形になります。

素組より遥かに重みが増して大成功です。



IMG_1198

IMG_1212
 
IMG_1216
 
IMG_1220
 
IMG_1226
 
IMG_1237
 
IMG_1245

IMG_1248
IMG_1255
 
IMG_1261
 
IMG_1266
 
IMG_1271
 
IMG_1276
 
IMG_1277
 
 
いかがでしたでしょうか。

ここまですることはありませんが、普通に作る分にもとても良いキットだと思いました。

アイテムコードもついてこのお値段だととてもお得ですね。
(結構ビジフォンでいい値段で売れる)

そしてこの先に蒼鬼姫ってのも出るようです(予約済み)
こっちも同じようにするかは知りませんが!


では今回はこのへんで

じゃぬでした(   ^ω^   )ぽこっ